忍者ブログ
<<  2017   07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アパート経営の失敗は過大な収益見込みから

アパート経営で失敗を防ぐ方法の一つを紹介する。

アパート経営に乗り出す時は、自己資金に頼らず、収益見込みは極力過小に見積もる事が肝心である。

アパート経営での失敗は、自己資金に頼り、家賃収入の過大な見積もりに起因する事が多い。

アパート経営で失敗しない為には、昔の大和美人の所作を学ぶことも大事なこと。

アパート経営で失敗しない為には、引っ込み思案な方が良い。



PR
入居者の見込めない地域で賃貸アパートを新築し、アパート経営をする。

これは、アパート経営の熟練者でも手の付けられない単純すぎる失敗だ。

しかし、入居者の見込めない地域で賃貸アパートを新築し、アパート経営で失敗した話を知っている。

セールスマンの甘い話でバラ色の夢を信じ、東京近郊ではあるが、全然買手が付かない住宅団地内に賃貸アパートを新築してしまった話である。

土地と建物で6,000万円ほど投資したが、半分も部屋が埋まらず、10年間もアパートローンを払い続け、とうとうアパートローンの支払いもままならず、挙げ句の果てにアパートは競売となり、それでも元金が消えず、自宅まで競売となってしまった。

単純すぎる失敗は重大な結果をもたらす。

アパート経営ABC(アパート経営失敗で悟ること)参照

忍者ブログ/[PR]
Template by coconuts